第98回 情報通信研究会

主査:亀山 渉

テーマ
異システム間の周波数共用技術の高度化に関する研究開発
講師
新保 宏之 氏  株式会社KDDI総合研究所 次世代インフラ2部門 電波応用グループ
              グループリーダー     
日時
2021年(令和3年)5月26日(水)  14:00~15:30
場所

リモート開催

概要

 5Gの普及や、Beyond5Gの実現に向けて、これまで以上に移動体通信システムへの周波数帯域の確保が必要になっています。確保の方法のひとつとして、高い周波数帯域の利用が考えられます。他方、電波伝搬的に利用しやすい周波数帯の利用も必要となりますが、ほとんどが無線システムへの割当がされています。
 本講演では、既存無線システムと5Gといった、異なる無線システム間の周波数共用技術の高度化に関する、日本での取り組みをご紹介します。本内容は2019年度から2021年度に総務省の委託研究として実施しており、空間、時間、周波数の各軸で動的な周波数共用技術の確立を行いました。得られた技術に加えて、直近の社会実装から、さらに将来に向けた高度化までをご説明します。

事前申込み
  1. ご参加にはご予約が必要となります。
  2. 満席になり次第締め切ります。
研究会のご参加予約フォーム
  • 下記事項に記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
  • のある項目は必須項目ですので、必ず入力してください。
  • 項目の移動にリターンキーを使用しないで下さい。(リターンキーを入力すると、送信となります)
  • 受付が正常に終了しますと、受付完了のメール(参加証)をお送りいたします。ご確認ください。
  • E-Mailアドレスが間違っていると、受付完了メールが届きません。メールが届かない場合は、お手数ですが再度お申し込みになるか、kenkyukai(at)ituaj.jp (研究会担当)まで、お問合せください。
    注)迷惑メール対策のため、「@」を「(at)」と表示しております。送信の際には「(at)」を「@」に置き換えて下さい。

ご参加の方の個人情報については、研究会及び講演会等のご案内に使用させていただきます。

今回の情報通信研究会参加登録は、受付終了となり締め切らさせていただきました。
どうもありがとうございました。