第77回 情報通信研究会

主査:亀山 渉

テーマ
近距離レーダとその応用 -地球環境、防災、遺跡、地雷-
講師
佐藤 源之 氏 東北大学 東北アジア研究センター 教授
日時
平成30年10月4日(木) 14:00~15:30
場所

ホテルメルパルク東京 3階 百合 
『ホテルメルパルク東京 アクセス』

概要

 地上で計測を行うレーダシステムとしては、気象レーダ、航空管制レーダなどが良く知られていますが、近年、地中レーダ、地表設置型合成開口レーダなど新たなレーダシステムの普及が進んでいます。これらのレーダの多くは環境計測などに活用されている衛星搭載のマイクロ波レーダである合成開口レーダ(SAR)と類似したイメージングレーダです。しかし対象物がレーダ装置から近距離にあるため、独自の技術開発がなされています。
 本講演では、こうしたレーダ装置について地球環境、防災、遺跡、地雷検知など具体的な実用例を紹介すると共に、使用する周波数に関する展望や技術展望などを解説します。

事前申込み
  1. ご参加にはご予約が必要となります。
  2. 満席になり次第締め切ります。
  3. お申込みいただいたE-mail宛てに『参加証』をお送りいたしますので、プリントアウトをして研究会当日にお持ちください。
  4. 参加にあたり、配布資料代500円(実費相当額)のご負担をお願いします。
    但し、日本ITU協会賛助会員の参加者は、賛助会員特典扱いとなりますので、配付資料代のご負担はありません。
  5. ご出席予約希望の方は、下記の登録フォームにご入力の上、お早めにお申し込みをお願い致します。
研究会のご出席予約フォーム
  • 下記事項に記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
  • のある項目は必須項目ですので、必ず入力してください。
  • 項目の移動にリターンキーを使用しないで下さい。(リターンキーを入力すると、送信となります)
  • 受付が正常に終了しますと、受付完了のメール(参加証)をお送りいたします。ご確認ください。
  • E-Mailアドレスが間違っていると、受付完了メールが届きません。メールが届かない場合は、お手数ですが再度お申し込みになるか、kenkyukai(at)ituaj.jp (研究会担当)まで、お問合せください。
    注)迷惑メール対策のため、「@」を「(at)」と表示しております。送信の際には「(at)」を「@」に置き換えて下さい。

ご参加の方の個人情報については、研究会の実施目的以外には使用いたしません。

今回の情報通信研究会参加登録は,終了しました。
ご参加ありがとうございます。