第380回 ITU-R研究会

主査:橋本 明

テーマ
(1) ITU 2019年無線通信総会(RA-19) 結果報告

(2) ITU 2019年世界無線通信会議 (WRC-19) 結果報告
講師
(1) 萩本 猛 氏 総務省国際戦略局通信規格課国際情報分析官

(2) 深堀 道子氏  総務省総合通信基盤局電波部電波政策課国際周波数政策室長
日時
2019年(令和元年)12月26日(木)14:00~16:00 
場所

ホテルグランドヒル市ヶ谷 東館2階 白樺

(東京都新宿区市谷本村町4番1号)

『グランドヒル市ヶ谷』案内図

概要

ITUの無線通信総会(RA-19)と世界無線通信会議(WRC-19)がそれぞれ、本年1021日~25日と1028日~1122日にエジプトのシャルム・エル・シェイクで開催されました。

RA (Radiocommunication Assembly)はITU-Rの勧告案・決議案・次期研究会期の研究課題案の承認や研究委員会の構成検討と議長・副議長の任命を、WRC (World Radiocommunication Conference)は無線通信システムの国際周波数分配等を決定する無線通信規則改正の審議を行う重要な会議で、3~4年ごとに開催されています。

今回も全世界から多くの代表(RA約500名、WRC約3300名)が参加し、RAでは2件の新規勧告及び3件の改訂勧告の承認や日本からの3人の研究委員会議長・副議長の任命、またWRCでは5G用周波数帯域の拡大、高度交通システム(ITS)の周波数調和に関する勧告採択、固定衛星業務の移動する地球局(ESIM)の規制条件やGMDSS(海上における遭難及び安全に関する世界的制度)の近代化など多くの議題について重要な結果がえられました。

本講演ではこれらの会議の結果を報告します。

事前申込み
  1. ご参加にはご予約が必要となります。
  2. 満席になり次第締め切ります。
  3. お申込みいただいたE-mail宛てに『参加証』をお送りいたしますので、プリントアウトをして研究会当日にお持ちください。
  4. 参加にあたり、配布資料代500円(実費相当額)のご負担をお願いします。
    但し、日本ITU協会賛助会員の参加者は、賛助会員特典扱いとなりますので、配付資料代のご負担はありません。
  5. ご出席予約希望の方は、下記の登録フォームにご入力の上、お早めにお申し込みをお願い致します。
研究会のご出席予約フォーム
  • 下記事項に記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
  • のある項目は必須項目ですので、必ず入力してください。
  • 項目の移動にリターンキーを使用しないで下さい。(リターンキーを入力すると、送信となります)
  • 受付が正常に終了しますと、受付完了のメール(参加証)をお送りいたします。ご確認ください。
  • E-Mailアドレスが間違っていると、受付完了メールが届きません。メールが届かない場合は、お手数ですが再度お申し込みになるか、kenkyukai(at)ituaj.jp (研究会担当)まで、お問合せください。
    注)迷惑メール対策のため、「@」を「(at)」と表示しております。送信の際には「(at)」を「@」に置き換えて下さい。

ご参加の方の個人情報については、研究会の実施目的以外には使用いたしません。