第535回ITU-T研究会

主査:齊藤 忠夫

テーマ
ITU-T/SG20 「IoTとスマートシティ・コミュニティ」にかかる標準化とその参加者たちの狙い
講師
端谷 隆文 氏  富士通株式会社 環境・CSR本部 エキスパート (ITU-T SG20副議長)
日時
平成30年9月6日(木) 14:00~15:30   (質疑応答で最長16:00)
場所

主婦会館プラザエフ 4階  シャトレ (東京都千代田区六番町15番地)
『主婦会館プラザエフ アクセス』

概要

 多種多様な「モノ」がインターネットにつながり、相互に情報交換が行われ、またそれらの動きによる膨大な情報がクラウド上に集約され、人工知能(AI)などを介して加工された新たな情報でビジネスを生む時代、まさにIoT(Internet of Things)時代の到来で、IoTに関連するニュースが発信されない日はない今日である。
 国際電気通信連合(ITU)では、2005年にすでにITU Internet Reports 2005として、「The Internet of Things」が発行されている。スタディ・グループ(SG)新設などの重要案件は通常、4年に一度の世界電気通信標準化総会で議論されるが、このIoTとスマートシティ関連を扱うSG20は、世の中の速い流れを受け止め、例外的に2015年6月のTSAG会合で新設された。議長はUAEで、副議長は講演者を含め13名とSG中最多であり、参加者は中国、韓国、中東、アフリカ勢が多数を占める状況である。
 本講演では、SG5から継承されたスマートシティ関連のKPIも含め、SG設立から最近の2018年5月エジプト会合までの活動概観を紹介し、またSG20設立時に関連SGから移管された勧告や現作業課題から見えてくる参加者の狙いについて解説を試みる。

事前申込み
  1. ご参加にはご予約が必要となります。
  2. 満席になり次第締め切ります。
  3. お申込みいただいたE-mail宛てに『参加証』をお送りいたしますので、プリントアウトをして研究会当日にお持ちください。
  4. 参加にあたり、配布資料代500円(実費相当額)のご負担をお願いします。
    但し、日本ITU協会賛助会員の参加者は、賛助会員特典扱いとなりますので、配付資料代のご負担はありません。
  5. ご出席予約希望の方は、下記の登録フォームにご入力の上、お早めにお申し込みをお願い致します。
研究会のご出席予約フォーム
  • 下記事項に記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
  • のある項目は必須項目ですので、必ず入力してください。
  • 項目の移動にリターンキーを使用しないで下さい。(リターンキーを入力すると、送信となります)
  • 受付が正常に終了しますと、受付完了のメール(参加証)をお送りいたします。ご確認ください。
  • E-Mailアドレスが間違っていると、受付完了メールが届きません。メールが届かない場合は、お手数ですが再度お申し込みになるか、kenkyukai(at)ituaj.jp (研究会担当)まで、お問合せください。
    注)迷惑メール対策のため、「@」を「(at)」と表示しております。送信の際には「(at)」を「@」に置き換えて下さい。

ご参加の方の個人情報については、研究会の実施目的以外には使用いたしません。

今回のITU-T研究会は参加受付終了いたしました。
どうもありがとうございました。