第556回ITU-T研究会(リモート開催)

主査:齊藤 忠夫

テーマ
「OTT関連検討、IoT/M2Mに対応する国際ローミング、DLT活用を目指した環境作りなどへの取り組み
  -ITU-T SG3(経済•政策)第1回会合から2022-2024期の研究課題及び関連動向を解説」
講師
本堂 惠利子 氏
 KDDI株式会社
 技術企画本部 標準化戦略室 標準戦略グループ エキスパート
 (ITU-T SG3 副議長、Working Party(WP)1議長)
日時
2022年(令和4年) 8月 26日(金)    14:00~15:30
場所

「Webex Meetings」によるリモート開催
(接続URLは開催日前日までに配信します。)

概要

ITU-T SG3は、非技術部分の標準化を扱うTセクターにおいてユニークなグループです。
SG同様、会合成果物として勧告やレポートを作成しますが、その研究提案や検討過程での各国の意見表明から、OTTに対する通信政策に関するSG3への期待、IoT/M2Mに対応するローミングの在り方、DLT等新しい技術の十分な活用が可能となる環境整備・他市場からの学び等に対する積極的な姿勢が伺えます。
今回は、5月の第一回SG会合を経て、今期における主要課題及びワークアイテムから、具体的な議論の様子や今後の成果の想定を、世界の関係動向等を交えて紹介したいと思います。

<事務局コメント>
技術では無い側面での標準化活動ながら、技術・サービストレンドに寄り添う政策等を扱うSGの今後の取り組みの紹介が行われる予定です。
当面の技術・ビジネス戦略を立てる上で、また今後の動向を技術以外の面から把握する上で役立てられると思います。

事前申込み
  1. ご参加にはご予約が必要となります。
  2. 満席になり次第締め切ります。
研究会のご参加予約フォーム
  • 下記事項に記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
  • のある項目は必須項目ですので、必ず入力してください。
  • 項目の移動にリターンキーを使用しないで下さい。(リターンキーを入力すると、送信となります)
  • 受付が正常に終了しますと、受付完了のメール(参加証)をお送りいたします。ご確認ください。
  • E-Mailアドレスが間違っていると、受付完了メールが届きません。メールが届かない場合は、お手数ですが再度お申し込みになるか、kenkyukai(at)ituaj.jp (研究会担当)まで、お問合せください。
    注)迷惑メール対策のため、「@」を「(at)」と表示しております。送信の際には「(at)」を「@」に置き換えて下さい。

ご参加の方の個人情報については、研究会及び講演会等のご案内に使用させていただきます。

今回の研究会参加登録は、締め切らさせていただきました。
どうもありがとうございました。