第542回 ITU-T研究会

主査:齊藤 忠夫

テーマ
安心・安全・高信頼の通信設備を実現する通信システム設計に関する国際標準化トピックス
講師
高谷 和宏 氏 日本電信電話株式会社 NTT情報ネットワーク総合研究所 企画部 研究推進担当部長
          [ITU-T SG5副議長]
           工学博士
日時
2019年(令和元年)7月5日(金)14:00~15:30 
場所

ホテルグランドヒル市ヶ谷 東館3階「真珠」

『グランドヒル市ヶ谷』案内図

概要


 IoTの急速な進展や5Gサービスの開始を想定すると,従来とは異なる電磁環境を想定したシステム設計が求められます。
 例えば,無線障害を抑制するための妨害波規定は,隣家(10m先)の無線機器に影響を与えない規定ですが,IoT環境では,妨害を発する機器とその影響を受ける機器がより近い距離で共存することが求められます。
 また,5Gサービスが開始されると,ミリ波帯に及ぶ電磁界が高度なアンテナ技術により発生することも想定しなければなりません。
 さらに,ICT機器の小型化/省電力化は,雷サージ等による絶縁破壊や,ソフトエラーによる内部回路の誤動作などのリスクを高めています。
 Society5.0の実現に向けて,安心・安全・高信頼の通信設備を構築するためには,このような電磁環境の変化に対応したICT機器の要求条件の明確化が不可欠です。

 本講演では,このような変化に対応するため,ITU-Tが取り組む国際標準化活動のトピックスについて概説します。

[事務局]システム作りの土台となる共通技術を取り上げました。5Gサービスが上手く立ち上がり、普及につながるための技術情報として役立てていただきたいと思います。

事前申込み
  1. ご参加にはご予約が必要となります。
  2. 満席になり次第締め切ります。
  3. お申込みいただいたE-mail宛てに『参加証』をお送りいたしますので、プリントアウトをして研究会当日にお持ちください。
  4. 参加にあたり、配布資料代500円(実費相当額)のご負担をお願いします。
    但し、日本ITU協会賛助会員の参加者は、賛助会員特典扱いとなりますので、配付資料代のご負担はありません。
  5. ご出席予約希望の方は、下記の登録フォームにご入力の上、お早めにお申し込みをお願い致します。
研究会のご出席予約フォーム
  • 下記事項に記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。
  • のある項目は必須項目ですので、必ず入力してください。
  • 項目の移動にリターンキーを使用しないで下さい。(リターンキーを入力すると、送信となります)
  • 受付が正常に終了しますと、受付完了のメール(参加証)をお送りいたします。ご確認ください。
  • E-Mailアドレスが間違っていると、受付完了メールが届きません。メールが届かない場合は、お手数ですが再度お申し込みになるか、kenkyukai(at)ituaj.jp (研究会担当)まで、お問合せください。
    注)迷惑メール対策のため、「@」を「(at)」と表示しております。送信の際には「(at)」を「@」に置き換えて下さい。

ご参加の方の個人情報については、研究会の実施目的以外には使用いたしません。

今回のITU-T研究会は参加受付終了いたしました。
どうもありがとうございました。