第494回 ITU-T(電気通信標準化)研究会

主査:齊藤 忠夫

テーマ
① WCITの結果について
② WTSA-12会合報告
講師
① 菱田 光洋 氏
総務省 情報通信国際戦略局 多国間経済室長

② 深堀 道子 氏
総務省 情報通信国際戦略局 通信規格課 国際情報分析官
日時
1月9日(水) 13:30~16:00
場所

メルパルク東京 孔雀(4階)
『メルパルク東京』アクセスマップ

概要

① 平成24年(2012年)12月3日(月)から14日(金)までの間、電気通信に関する国際連合の専門機関である 国際電気通信連合(ITU)において、各国政府を法的に拘束する国際電気通信規則(ITR)を改正する世界国際 電気通信会議(WCIT)が、アラブ首長国連邦(ドバイ)で開催され、ITRの改正文書が採択されました。我が国は、 署名を見送ることとしました。
 今回の会合では、従来の国際電話の精算スキームの話に加え、インターネットに関する規定を盛り込むか どうかが大きな論点となり、スパムやセキュリティに関する規定について議論が繰り広げられました。その ような議論の様子、署名見送りに至った経緯等について、お話いただきます。
② ITU-T 2009-2012年研究会期の世界電気通信標準化総会(WTSA-12)が、11/20から11/29までアラブ首長国連邦 ドバイ市で開催されました。4年毎に開催される総会で、各研究委員会(SG)の活動報告、勧告の承認が行われた ほか、次研究会期に向けて、SG再編、研究課題案の承認、議長・副議長の任命等が行われました。
 今WTSA-12会合の結果についてお話いただきます。

事前申込み
  1. ご参加にはご予約が必要となります。
  2. 満席になり次第締め切ります。
  3. お申込みいただいたE-mail宛てに『参加証』をお送りいたしますので、プリントアウトをして研究会当日にお持ちください。
  4. 参加にあたり、配布資料代500円(実費相当額)のご負担をお願いします。
    但し、日本ITU協会賛助会員の参加者は、賛助会員特典扱いとなりますので、配付資料代のご負担はありません。
  5. ご出席予約希望の方は、下記の登録フォームにご入力の上、お早めにお申し込みをお願い致します。